炭火焼肉定食 タレ亭

タレ亭のお肉とは

炭火焼肉定食タレ亭からのお知らせ

炭火焼肉定食タレ亭からのお知らせ

タレ亭の厳選お肉解剖図

日本全国の食肉問屋から厳選したお肉を取り揃えております。

タレ亭では、色々なお肉の焼き加減を楽しんでいただくため
リブロース、肩バラ、外バラ、中バラから厳選した部位を1皿にたっぷり盛ってご提供いたします!

タレ亭がお客様へご提供する
部位のご紹介

①リブロース

サーロインと同じ最高部位であるリブロース。背中のお肉であるロースのうち腰側のお肉で、ロース部分の主体をなし、きめが細かく肉質も良いので風味も良く、柔らかく甘みがある部位です。

②サンカクバラ(肩バラ)

牛の肩バラ肉の一部でバラ肉の中では最上級の存在。美しいサシ(霜降り)が入り脂の甘味、赤身のうまみが口の中で踊るお肉。焼肉屋さんなどでは、特上カルビで出されている高級部位です。

③インサイドスカート(外バラ)

聞きなれない方も多いと思いますが、別名ウチハラミとも呼ばれ、牛の横隔膜のハラミの近くで、そとバラの内側にあります。独特のコクと強いうま味が特徴の希少部位です。

④カイノミ(中バラ)

友バラの背中に近い側の中バラのヒレに一番近いところにあります。バラ肉でありながら、ヒレの赤身のうま味や柔らかさを兼ね備え、赤身と脂のバランスが最高で非常に魅力ある希少部位です。

⑤ササバラ(外バラ)

腹側にある外バラに位置し、ももの付け根側の部位です。一頭の牛からとれる量も少なく、希少部位となり、肉質はキメが細かく、赤身とサシのバランスが大変良いお肉です。

⑥タテバラ(トモバラ)

大まかにはアバラ骨の周辺のお肉ですが、キング オブ カルビ = タテバラです。細やかな細胞がタテに入り美しく、柔らかく旨みが多い濃厚な味が特長で脂(肉汁)たっぷりの上質な肉質の部位です。

お客様に合わせた「一人前」


焼肉定食専門店のタレ亭では、お肉の量を
1/4ポンド(約113.4g)から1ポンド(約453.6g)までお選びいただけます。
是非、ご自分に合った「一人前」をご賞味下さい!